ミョウバンの消臭効果

ミョウバンの消臭効果についてご紹介します。
汗をかく季節になるときになるのが臭いです。

みょうばんは消臭や制汗効果が高いとされています。
しかし、その消臭効果がどのようなものか知っている人は少ないと思います。

ところで、みょうばんとは、何かというのは一言で説明するのは難しいのですが、簡単にいうとカリウムやアンモニウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が硫酸塩の形でむすばれた複合塩の総称です。

現在市販されているものは、メーカーが工場で合成したものですが、自然物としても採取されます。
別府のミョウバン温泉は有名ですし、古代ローマ人は、消臭・制汗剤として日常的に使われていたと言われます。

つまり世界最古のデオドラント剤でもあるのです。

シーザーがクレオパトラと愛を語る時、「ミョウバン」を腋に塗ってからでかけたのは有名な話です。
ヨーロッパでは、この「みょうばん」が結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んで古くからデオドラント剤
として使用していました。

現在は、日本でも天然アルム石に殺菌作用のあるフェノール等の化学物質を配合して自然に近いデオドラント剤として販売されています。

ミョウバンの特徴と消臭効果
まず第一に、水に溶けると酸性になるということです。
ニオイは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。

皮膚が酸性であれば雑菌の繁殖が抑制され、結果的に臭いが抑えられるのです。
制菌作用にとどまらず、より積極的な殺菌作用もあるようです。

第二のミョウバンの消臭効果に、収れん作用、つまりミョウバンの制汗作用があります。
ニオイ成分の含まれた汗をおさえれば、当然臭いも抑えることができるのです。

ところが、この制汗のメカニズムはあまりよく分かっていません。

アルミニウム塩が汗腺の導管周囲に炎症をおこし、導管を閉塞させるのではないか。
アルミニウム塩のジェル状のものが導管に入って出口を塞ぐのではないか。

または汗腺の導管部の透過性が高まり汗を再吸収してしまうのではないか。

さらにはミョウバンのたんぱく質変性作用で表皮の角質が角化するからではないか、などさまざまな説があります。

おそらくその全てが起こって汗を抑えているのでしょうから、これらが複合的におこる事により、現れるのではないでしょうか。

ミョウバンの消臭効果の第三は、皮膚上で作られたニオイそのものを消臭する作用です。

ミョウバンにはさまざまな金属が含まれていますから酸化還元反応による金属消臭が行われたり、ニオイ成分の中和による消臭も行われます。
 
特に、酸性の性質があるミョウバンは、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニアに対する消臭作用は特異的で、汗くささを抑えるのには非常に有効です。

製品をもっと見る
みょうばん
buhibuhisan * 消臭 * 12:32 * - * - * pookmark
このページの先頭へ