水虫と靴の関係や予防と治療

水虫と靴のお話です。

ブーツと蒸れは、ブーツを履いたことのある人なら誰しも経験したことがあるでしょう。
ニーハイブーツは、今年も人気アイテムです。秋口に流行したブーティと共にフットケアにも気をつけたいものです。

いまやブーツはおしゃれに欠かせないものといえますが、長時間はいていると中が蒸れ、水虫などのトラブルの原因にもなります。

水虫と靴のかかわりは暑い夏ばかりではないのです。この冬も上手に付き合いましょう。

通気性の悪い靴を長時間履いた後、脱いだとたんにモワッと足の湿気を感じた事はありませんか。足も触ると湿っていて気持ちのよいものではありません。

中が蒸れた状態です。水虫は靴の湿気が大好きです。

足は元々非常に汗をかきやすいところです。そしてニーハイブーツのように膝くらいまで密閉された状態が続くと・・・・

もうおわかりですね!ブーツは通気性が悪く足も指同士がくっつくので、更に通気性は悪くなり高温多湿になってしまうのです。

ブーツや靴が蒸れて高温多湿の足といえば、心配なのが水虫です。
治療については後にお話しますので、まずは水虫の予防法を少しお話します。

まず1番に気をつけることは、同じブーツや靴を毎日続けてはかない事です。

1日の湿気が溜まっていますので、乾燥させる意味でブーツは日替わり(2足を交互に)で履き、その間に陰干しや乾燥剤で乾かしておきましょう。

つまり、理想はお気に入りのブーツを2〜3足用意して毎日取り替えて履くということです。

更に、長時間履かない工夫も必要です。職場では違う靴に履き替えたり、脱ぐ事が可能なら短時間でもよいと思います。靴下を取り替えるのもよいでしょう。

帰宅後は、ブーツや靴が蒸れて水虫の菌が繁殖している可能性もあるので足を清潔に洗うことが大切です。石鹸を使用して足の指や指の股間でしっかり洗いましょう。

肝心なのはその後にしっかりと拭き取り水分を残さないことです。
綺麗にしたいからといって軽石などでゴシゴシこすると皮膚に傷がついて菌が進入しやすくなるので程ほどに。

冬は夏場と違い、ミュールやサンダルで素足を見せる事は少なく、ブーツで隠してしまうのでフットケアを怠りがちです。

お風呂上りにでも足や爪に異常がないかチェックすることを習慣付けたいものです。
靴のケアで予防するのが効果的です。

次につめ水虫の治療についてです。

足の水虫にかかっているのは5人に一人といわれつめ水虫にかかっているのは10人にひとりといわれています。

かなりの数で、このことから、公共の場である温泉(銭湯)やスポーツクラブ、などの共用マットのは、水虫の菌である白癬菌がいると思ってよいでしょう。

ですから、知らないうちに感染する事は充分に考えられます。更に家族の中に水虫の人がいれば、バスマットやスリッパを通して感染する機会は非常に多くなります。

原因菌である白癬菌は、足についてもそのまま落ちることもありその場合は感染しません。

白癬菌が付着した場合でも24時間以内に洗い流せば感染しないといわれています。長く付着していた場合には白癬菌に感染し、水虫になるのです。

爪水虫についてですが、足の水虫が更に足の爪に感染する事によって起こります。
感染すると爪の先端から爪がにごって熱くなり、表面はでこぼこしてもろくなってきます。

ただし、小指ははじめから厚くデコボコしている事が多いのでこのような場合は検査をしないと見分けがつきません。

つめ水虫の検査は、皮膚科で5〜10分くらいで出来、爪の一部を削り顕微鏡で白癬菌の有無を調べるだけの簡単な検査でわかります。

つめ水虫の治療には、外から塗布する外用薬よりも、服用するタイプのものが効果的です。いぜんは、半年間毎日服用しなければなりませんでしたが、最近では、7日間服用して3週間休むというのを3回繰り返すという方法で、服用期間は短くなっています。

しかし、治療の薬の中には体質に合わない場合ありますので専門医と相談する事が必要です。きちんとした治療を行わないと、いくら爪を切っても直りませんのでご注意ください。

ニーハイブーツの色々

buhibuhisan * ニーハイブーツ * 12:56 * - * - * pookmark

ブーツの消臭、痛み、きついを解消

せっかくのブーツも痛みが出たりきついので履くのが大変だったり、臭いがついては困りものです。
ブーツの悩みである消臭や痛み、きついを解消するグッズのご紹介です。

ブーツの臭いは足のにおいですから、足から清潔にしておきましょう。
洗うことが一番ですから指の股などもしっかりと石鹸で洗うようにしましょう。

消臭と同時に水虫も退治します。

足の臭いが解決したら、ブーツのにおいもなくしましょう。

制菌・消臭機能のあるブーツキーパーなら、翌日も安心して履く事ができますね。

臭いは、蒸れることから起こりますので、インソールで通性を持たせるなど足の蒸れ対策も怠りなくしておきましょう。

ブーツの痛み対策は、延ばすのが一番です。

靴伸ばし器「シューストレッチャー」は、気に入ったけど入らない、去年までははけたのに!!という方にオススメ!

限度はありますが、デザイン的にどうしても履きたいブーツなど利用価値は大きいですよ。
buhibuhisan * ニーハイブーツ * 13:02 * - * - * pookmark

ブーツの手入れ 革ブーツ スエード カビ対策

ブーツの手入れに悩む人は多いようですね。

せっかく手に入れたお気に入りのブーツです。手入れをきちんとして長持ちさせましょう。

革のブーツやスエードもカビ対策とちょっとした注意で長持ちしますよ。

革のブーツを購入したときいきなり履いていませんか。
まず履く前にクリームを塗って保護をしてから履くことから始まります。

手入れの基本は毎日の汚れ落としですので、つやのある革ブーツは柔らかい布でからぶきを、クリーナーの使いすぎは革を硬くしてしまうのでほどほどにしましょう。

クリーナーを使った後や乾燥する季節には、半月に一度くらい栄養クリームを塗るのが基本の手入れ法です。
表面の傷は専用クリームで、隠しましょう。


スエードブーツの手入れは、ブラッシングで汚れを掻き出したり、毛並みを整えるためにこまめにブラシをしましょう。

専用クリームでのお手入れも忘れずに。
色がはげてきたら専用補色スプレーで、きれいになります。

スエードブーツの手入れも布素材のブーツも、専用スプレーをかけておくと汚れ防止にもなり、オススメです。

履いた後は、ブラッシングやスエードスポンジなどでのこまめなお手入れが長持ちの秘訣です。

今シーズンはファーや布使い、刺繍など、従来の皮革以外の素材も多く見受けられます。
履いた後、軽く手で汚れをはたくだけでも効果ありです。

シーズン後のしまい方は、ブラシなどでよく汚れやホコリを落としたら、陰干しにします。
中にブーツキーパーを入れて、型崩れを防止すれば、来シーズンも気持ちよく履くことができるでしょう。

ブーツの手入れにカビ対策は欠かせませんね。
カビは高温多湿が大好きです。さらに人の垢や皮脂等の餌があれば言うことなし?

ブーツのカビ対策は、ここから改善して行きましょう。
ビニール袋や密封するプラスチック容器に入れるのは避けて下さい。

風通しがよく、湿気の多くない場所を選んでしまってください。暖房の側など、高温になるところもブーツの傷みの原因になります。

カビらせないのは乾燥が一番です。

来シーズンまでの間に、時々出して陰干しすれば、よりカビ防止になります。
buhibuhisan * ニーハイブーツ * 11:12 * - * - * pookmark
このページの先頭へ