| main | 歯周病の症状と原因や予防法 >>

ムダ毛をなくす方法

ムダ毛をなくす方法に悩んでいる人は多いと思います。

きれいになる為に、機械による脱毛を考えていたり、脱色して目立たなくする処理法やローションで処理する方法などが有ります。

背中や足などお手入れする場所もたくさんあり、どうすればよいか、特に子供や男性のムダ毛には困りますね。

そこで、ムダ毛をなくす方法や薄くする方法の紹介です。
ブツブツ・剛毛にサヨウナラ!

そろそろ薄着の季節になってきました。肌の露出が増えてくると気になるのが「ムダ毛!!」

正しい方法でトラブル解消!肌をいたわりながらが基本です。

・手軽に出来る一時的処理方法
・物理的方法⇒かみそりなどで剃る又はワックス等で引き抜く
・科学的方法⇒除毛・脱毛クリーム、ローション等で溶かす。
・家庭用レーザー脱毛
・専門家による→永久脱毛
に分かれると思います。

ではそれぞれについてご説明していきましょう。
この中から自分に適したやり方を見つけてください。

カミソリについては、凹凸の多い顔等にはナイフ型を、体にはT字型を使うのが多いと思いますが、どちらも使い捨ては使わないほうが無難です。

カミソリの選び方
ヘッドがしなるようになっていて肌に密着しやすいもの等工夫されているものの法が使いやすいと思います。
力を入れずに毛流れに沿って剃るのが重要です。

剃る前に
剃る前には必ず部位を優しく洗って清潔にしてから、シェービングクリーム等を塗布します。

少なからず剃ることにより皮膚も削りますから、細菌感染を予防するためにも清潔に!
また、ごしごし洗うと軽い炎症状態になりますので、そこにカミソリで刺激を与えるのもNG!

アフターケア
剃った後は良く洗い流し、水気をとった後に保湿効果の高いローション等を塗布します。

剃るタイミング
生理前(皮膚のバリア機能が弱っているため)や日焼けして赤くなっているときは避け、また剃った直後は日焼けしやすくなすので、海等へすぐ行く場合はご注意を。

脱毛ワックス
一度に広範囲の毛を抜き去ることができます。
しかし、強い痛みに耐えなければならず、毛抜きと同様に肌が赤くなることがあります。

また、皮膚の再生が早いと埋没毛(次回説明)になることもあります。

毛の流れに沿ってはがすようにする。
熱い蒸しタオルなどで毛と肌を柔らかくしてから処理すると、比較的痛みが和らぎます。


除毛クリーム・ローション
もっとも手軽で簡単な方法と思います。

毛はたんぱく質で出来ていますので、これを溶かす成分により溶かしてなくすものです。

淡白分解酵素(パイナップル)やチオグリコール酸塩(パーマ液等にも使用)、女性ホルモン様成分(大豆イソフラボン)を使用した製品が多いです。

背中等カミソリでは処理しにくい部分やカミソリが苦手な方には、簡単で良い方法ですが同時に同じくたんぱく質で出来ている肌も溶かすので、使用後は保護ローション・クリームの使用をお薦めします。

肌を溶かすと言っても、肌は髪と違って生活細胞(生きている細胞集団、髪は死活細胞即ち細胞の死骸の塊)故、
バリア機能がありますので、それほど気にする(皮膚が解けてズルムケになったりする)ことはありませんが・・・
ムダ毛をなくす方法で、今年の夏をエンジョイしましょう。




家庭用レーザー脱毛器についてです。

家庭用レーザー脱毛器は手軽で痛みもないといっていいくらいで、自己処理で起こる黒ずみ、色素沈着はありません。凹凸のあるところでも操作しやすく、高価ではありますがその分利用価値はあると思います。

原理としてレーザー脱毛器は、レーザーが黒いもののみに反応する性質を利用して「黒い毛」を熱破壊すると言うことです。

ですから使用しても肌は黒くないので安全です。ただし、黒いホクロや脱毛前の日焼けには注意しましょう。
繰り返し使用することで毛穴が収縮し、毛穴が目立たなくなり、きめが細かくなり、スベスベお肌になります。

よく、一度レーザー脱毛したらもう生えなくなるかと聞かれますが毛の成長には周期があり、脱毛処理に適しているのは、成長期の毛です。

成長が停止している毛(退行期・休止期)はレーザー光線が毛根に反応しにくいため、効果も少ないのです。
(因みに人間の毛は一本一本が、別々に成長期と休止期を繰り返しますので、一度では処理できないのです。動物の毛替わり即ち、夏毛から冬毛に変わる時等は、これが一度に起こります。)

皮膚表面にある毛を確実に脱毛しても再び生えてくるのは、休止期から再び成長期に変わったためです。
ですから、繰り返しレーザー脱毛を行う事により、むだ毛がなくなっていきます。

レーザー脱毛なら、目に見えている毛だけでなく、まだ皮膚に頭を出していない成長期のものまで確実にキャッチできますから、他の脱毛より効果的です。

エステによるレーザー脱毛もこれに準じます。
ただ、プロが行うものですから費用がかかりますが、家庭用に比べればより安全で確実と思われます。

なお、厚生省では、エステでのレーザー脱毛は医療行為とみなすようになっていますので、資格の持った方に施術してもらうことが肝心です!

次にフラッシュ脱毛についてです。

フラッシュ脱毛の効果と仕組みは次のようなものがあります。
ムダ毛の処理法には、プロによるフラッシュ脱毛とニードル法があります。

フラッシュ脱毛とは、光のエネルギーでムダ毛の毛根にダメージを与え再生力を弱めて発毛をストップさせる脱毛方法で、フラッシュ光線と言う複合波長の光を発する機械を使います。

楽天の通販でフラッシュ脱毛などを探す!

レーザーよりもスピーディに処理が出来、安価ではあるがまだ出来てから日が浅いため、フラッシュ脱毛の効果は永久的な保証はありません。

また、発毛のサイクルにあわせて行うため、施術サイクルは3〜4ヶ月必要です。
名称は違いますが、「IPL」や「光脱毛」も同じフラッシュ脱毛です。

ニードル法とは、極細針(ニードル)を使い毛穴に高周波と直流電流を流し、生産部を処理していく方法です。
永久性(同一の毛根からは2度と毛が生えてこない)を唯一認定されている方法です。

毛穴一つ一つを処理していくので効果の確実性はあるが手間と時間のかかる方法でもあります。
処理法として、簡単で即効性ならカミソリがおすすめです。

手軽にするなら除毛クリームやローションで、手軽に長持ちはワックスやテープ、ある程度の効果を期待するなら家庭用レーザーを、楽して確実ならプロの施術をといったところではないでしょうか?

色々な方法があり、それぞれにメリットやデメリットがありますので自分にあった方法で悩みを解決して行きましょう。

もっと見る
その他ムダ毛対策商品



buhibuhisan * ムダ毛・除毛 * 11:34 * - * - * pookmark
このページの先頭へ