<< コラーゲン粉末のお試し | main | 布ナプキンのメリットと店舗 >>

安眠する方法のいろいろ

安眠する方法をご存知ですか?暑い時期が続き睡眠時間が少ない、安眠できないと言う人が多いことと思います。

そこで、安眠する方法をご紹介します。ぐっすり眠れない人など参考にしてください。

もっと見る
安眠グッズの通販
良い眠りや安眠とはどのような眠りを言うのでしょうか。

人が眠くなる時は、体温が下がるときなので、眠る前にいったん体温を上げておけば、その後体温が下がりますので自然と眠くなり眠りに付きやすくなります。

安眠する方法は体温を下げることのようですね。

では、自然と眠くなるためにいったん体温を上げるのに良い方法はどんなものがあるのでしょうか。
体温を上げるには、入浴やウォ−キングが良いと言われています。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、軽くウォーキングすると体温は上がりその後ゆっくり下がってきますので
自然と眠くなると言います。

安眠する方法を考えるとき、環境も重要です。静かな事は勿論、室内の温度も28度くらいがよく、湿度も50〜55%くらいが理想です。

明かりは、完璧に真っ暗よりも薄暗いほうが眠りにつきやすいという説も・・・
さらにオレンジ色の薄明かりが夕焼けを感じさせて本能的に眠くなるのだそうです。

ところで、人はなぜ眠るのでしょうか。
人に必要な睡眠時間は6時間30分くらいといわれています。

睡眠不足になると、頭がボーとしたり、お肌の荒れを感じる事と思います。
6時間半のうち前半の3時間くらいはノンレム睡眠が多く、このときは体の修復を行う時間で後半の3時間くらいはレム睡眠が多く精神、脳の中を整理する時間といわれています。

良く高齢者は、早起きで睡眠時間も少ないといいます。
だからといって睡眠不足で安眠する方法を知りたいなんていう人は少ないはずです。

その理由として、脳を整理する時間が少ないからという人がいます。
高齢になると行動も限られて、毎日が同じことの繰り返しということが多くなります。

生活の変化が少ないのですから、脳を整理する必要もなくなります。
だから、その分だけ睡眠時間が少ないのだというのですね。

睡眠は体や脳の防御反応といわれ、何時間眠れずにいられるか10日間がんばった人がいました。
科学者は生命の危険から誰一人立会いにはなりませんでした。

彼は10日間眠らずにすごしましたが、睡眠は体や脳の機能にとって重要な行為と言えますので、健康やアンチエイジングのためには、良い眠りが必要と言うことです。

睡眠不足を解消しましょう。
buhibuhisan * 睡眠 * 21:08 * - * - * pookmark
このページの先頭へ