<< カルジェル セット | main | 葡萄ラボ uvaシリーズ >>

30代からの正しいスキンケア

空気の乾燥する季節、30代以降のみなさんは正しいスキンケアをしていますか?

乾燥する冬場に限らず乾燥肌で悩んでいる人、とにかく美肌になりたいひと、女性のお肌に対する悩みは尽きず色々苦労されている事と思います。(男性だってという声も有りますが・・・)

基本的には、女性より男性の方が肌は綺麗で若いのです。ヘェー???と思う方も多いともいますがこのことは機会があればお話します。(ヒントは皮脂の量!)

世の中、美人といわれる人は例外のないくらい美肌です。
でも単に高価な化粧品でスキンケアすれば美肌美人になれるわけではないのです。

30代からのスキンケアは、20代より手をかけます。でも、いくら高い栄養クリームやパックを自己流でやったとしても正しい方法でなくてはあまり効果は期待できません。

必ずしも高価なお化粧品でなくと良いのです。丁寧なスキンケアで美肌 美人をめざしましょう。

元々お肌は、30代でも40代でもきちんとすれば答えてくれるものです。若いころよりきちんとした手当てをしてきた人とそうでない人を数十年後に比べてみるとその差は歴然です。

私の仕事のお客様で、姉妹で年配の方がいますが、お姉様の方が妹様よりいつも年下に見られるといいます。お姉さまは、若いころよりせっせとスキンケアをしてきましたが、妹様は面倒臭いのであまり何もしていませんでした。その差が出ているのです。

日々の手入れで美肌になれば、その自信が心を美人にしてくれて、それが内面よりにじみ出て自分を美肌美人にしてくれるのです。

つまりどんな人でも美人になるチャンスはあるのです。
30代からだけといわず40代のスキンケアでも美肌美人になりませんか?

そのためには、順を追ってやる事があります。

まず、自分の肌の状態を認識して、それにあった洗顔法や洗顔剤を選択し、お化粧品も肌のタイプにあわせて使用するということです。

つまり30代からの正しいスキンケアの基本は自分の「肌の質を調べる」です。
自分の肌を知る事は基本中の基本です。まずは自分の肌を調べる事から始まるのです。



では、肌質診断についてです。

自分の肌を調べる肌質診断は、美肌美人になるためにはなくてはならないことです。
乾燥肌に人も脂性肌(オイリースキン)も、まずきちんと自分の肌質診断をする事からはじめましょう。

乾燥肌か脂性肌(オイリースキン)かまたは、混合肌、普通肌かを肌質 診断するのには、顔の油(皮脂)の量で判断します。

それには、「あぶらとり紙」を使用します。

「あぶらとり紙」を、一般にオイリーゾーンといわれるTゾーンの、おでこ・鼻筋と乾燥しやすい両方の頬・アゴにつけて、顔のゾーンごとの皮脂の出具合を測るのですが、肌の皮脂を計る前に肌の状態をニュートラルにするために洗顔をします。

洗顔をしたら、吸収性の良いタオルでこすらず抑えるようにやさしく水分を取ります。
化粧水などお化粧品はつけないで1分ほど放置します。

1分ぐらいしたら、おでこ・鼻筋・アゴ・両頬の5箇所にあぶらとり紙を貼り付けてみます。

貼り付けた「あぶらとり紙」が、くっつかないですぐに落ちてしまうようなら乾燥肌です。

乾燥肌には保湿力に優れた化粧水を使用し、その上に保湿クリームをつけます。更に乾燥しやすい場所にピンポイントで保湿クリームや保湿化粧品を重ねつけします。

部分的に落ちてしまうのなら混合肌です。
混合肌とは部分的に水分と脂分の率が違っている状態の肌を言います。

化粧水の後、脂性肌の部分には軽い油分の乳液をつけ、乾燥肌の部分にはクリームをつけます。

「あぶらとり紙」が落ちないで張り付いているなら、それをはがしてみて紙の表面がサラリとしていれば普通肌、紙に脂の跡がべったりついていれば脂性肌という事になります。

脂性肌なら、洗顔料を弱アルカリ性の脱脂力の弱くないものを使用し、化粧水や乳液はオイルフリーのこの時期なら保湿効果の高いもの、夏などはさっぱりタイプのものを選びましょう。

普通肌なら水分と脂分のバランスがよいのですから、オイル系よりも水分を補うタイプの化粧品で保湿しましょう。

自分の肌のタイプがわかってところで、それぞれにあった方法でケアを行います。


洗顔も、美肌 美人への第1歩です。洗顔なくしてきれいは語れません。

たかが洗顔と手を抜いてはいませんか?美人は正しい洗顔からですよ。

正しい洗顔の仕方は美肌への第一歩と考えて重要視してください。

肌に汚れが残ったままではどんなに効果的なスキンケアでも威力半減、それだけでなく、肌荒れやくすみを引き起こす事もあります。

基本は、溜まった汚れをやさしくしっかりと取る。
そのためには、洗顔料は朝と晩で使い分けましょう。朝と夜では肌につく汚れの質も度合いも違います。

まさか、夜にする洗顔でメイクを一緒に取れる洗顔料を朝に使用している人はいないでしょうね。

朝の汚れは、ほとんどが肌の老廃物や毛穴から出てきた皮脂や汗のはず、夜の汚れは朝の汚れと同じものプラス化粧品やホコリなど外部の汚れのはずです。理屈がわかれば洗顔料を選ぶのは簡単!

ですから、朝は、肌に優しい弱酸性の洗顔料を使用し、夜の洗顔には、汚れをしっかりと落とす洗浄力を持った弱アルカリ性のものを使用するようにしましょう。

洗顔料を手に取る前に手を洗うのは常識ですね。汚い手では、顔を洗うのか手を洗うのかわからなくなってしまいます。手が冷たい人はお湯で人肌に温めてから洗顔料を適量とります。

手に取ったらそのまま伸ばして顔に塗る?なんて人はいないでしょう。
そうです。手に摂ったらよくあわ立てクリーミーな泡を作るのです。そしてこの泡を顔につけて洗います。

泡立てる時に上手くあわ立たないというときに、網の袋が便利です。
スーパーなどでミカンの入っている網の袋です。学校などの水道に石鹸が入ってぶら下がっているやつです。

これを手に挟んで洗顔料と共に揉み込むと簡単にクリーミーな泡ができるのです。
40代からの美肌を目指すなら、やさしく刺激を抑えた洗顔が必要です。柔らかな泡で包み込むように洗いましょう。

汚れを落とすためにゴシゴシと・・・は決してしてはいけません。

やさしくマッサージするように洗ってください。汚れが多いときには、泡をつけ軽く伸ばして少しまってから軽く洗って流し、再び洗顔料で泡を作って洗います。

正しい洗顔の仕方は、易しくマッサージするようにといいましたがこれは、血行を促進させ洗顔後に使用する化粧品の効果を高める事にもなります。

指の腹と手のひらを使いやさしくなでるように洗ってください。

正しい洗顔の仕方の基本は、普通のマッサージのごとく顔の中から外、下から上(唇からアゴにかけては下)に向かってください。

洗う順番は、アゴ(唇から下に向かって)、唇(左右に螺旋に)、鼻の下(左右に螺旋に)、頬(上外向きに)、小鼻(沿って上下に)、鼻筋(上に向かって)、オデコ(上に向かって中心から放射状に)、眉毛(形に添い中から外に)、目の周り(上まぶた側は外に、下まぶた側は中に)

リンパに沿ってマッサージするようにしましょう。
洗顔には5分くらいは時間を掛け、流すお湯は30度くらいのぬるま湯でしっかりと、洗顔料が残らないように流しましょう。

充分流したと思っても、流したりない人が多いのも事実です。
充分すぎるほどすすぎは念入り行うことが大切です。洗顔料が残っていては何のための洗顔なのかわかりませんからね。

すすぎ終わったらタオルでごしごし・・・ではなくてタオルでやさしくふき取りましょう。
肌に負担をかけることなく美肌を目指しましょう。

乾燥肌の化粧品のおすすめ
ペリセール

正しい洗顔の方法で、余分なものが残らない素肌を出したら、基礎化粧品で整えます。

そこで化粧水で簡単パックのご紹介です。
化粧水とテッシュで簡単なパックが出来ます。

特に目元のくすみに有効です。40代からの美肌には欠かせないところですね。
化粧水をアトマイザー(スプレー容器)にいれて、顔に置いたテッシュに吹きつけます。

十分に吹き付けたらそのまま3分くらい放置して剥がします。
目元の皮膚は薄くてデリケートなので下手なマッサージはトラブルの元、化粧水パックなどでやさしくケアしましょう。

注意点は化粧水は安物で良いからたっぷりとつける事と、時間を3分を目安としてそれ以上置かない事、置き過ぎてティッシュが乾くと今度はテッシュに水分を奪われてしまいます。

20代と違い40代からの美肌は、たっぷりとがオススメです。もったいないと思わなくてよいもので十分に潤しましょう。

テッシュの代わりにコットンを使うと細かい繊維が顔に残り化粧ののりが悪くなる事があるので注意しましょう。

頬のタルミに簡単マッサージ
顔の中央で手の親指と人差し指の間でアゴを挟み親指は下、人差し指は小鼻の脇に置きフェイスラインに沿って余分な肉を耳の後ろに押し出すように朝晩ゆっくり3回くらいずつ、洗顔時や化粧水をつける前に行います。

顔も体と同じで、タルミを放って置くとそのままになってしまいます。
40代からの美肌、まだまだ間に合います。リンパも流れをよくしてシャープな小顔を目指しましょう。

buhibuhisan * スキンケア * 12:43 * - * - * pookmark
このページの先頭へ