<< 毒コスメは蜂毒クリームと蛇毒クリーム | main | 顔の乾燥対策 >>

肌の乾燥を防ぐには

肌の乾燥を防ぐにはどうすればよいか乾燥肌に悩む人には深刻な問題でしょう。
仕組みを知れば、どうすればよいか見えてくるかもしれません。

今回は肌の乾燥を防ぐには何をしたら良いのかを考えてみました。単純に保湿クリームを塗るだけではうまくいかないでしょう。

なぜならば、クリームは油分であり油分つまり皮脂が少ないからではなくて水分が少ないからだそうです。
乾燥を防ぐには、油分だけでなく水分の補給も忘れてはなりませんね。

肌の水分量を測ってみれば、その度合いがわかります。肌の乾燥を防ぐには、まずスキンケアを見直してみましょう。
水分が抜けるとその分、角質細胞が縮んで隙間が出来て外からの刺激を受けやすくなり、その結果として体がかゆくなるのです。

本来かゆみとは最も軽い痛みともいえるもので、刺激を受けた肌は最初にかゆみとして感じるのです。
かゆいからと掻いているとさらに刺激がプラスされて今度は痛みとなるというのは経験的に納得できるでしょう。

そして、掻けば掻くほど肌は荒れて乾燥はますます進んでいくと言う悪循環を繰り返してしまうのです。
この悪循環を防ぐには、体の洗い方も重要です。

悩む人の多くがしている間違いにお風呂での体の洗い方があります。
体の皮膚は全身同じ状態と思っている人が多く、同じ様に洗ってしまう方が多いのですが、皮脂の分泌量や汗の量にあわせて洗う必要があるのです。

具体的には、首の下の鎖骨の辺りのVゾーン胸と背中のVゾーン、わきの下や陰部に足の指の間などはしっかり洗うのがよいそうです。

防ぐために保湿ばかり考えがちですが、まず洗い方から見直してみましょう。
もし肌が乾燥してしまい白く粉を吹いたようになってもその部分はとらないようにしましょう。

擦って取ったりしますと返って乾燥を進めてしまいます。
美容液などで皮膚の毛羽立ちを押さえ、自然に取れるのを待つのがよいようです。

食べ物でも防ぐことも出来るそうです。
女性のかたは貧血気味になりやすく肌も血液から栄養をもらっているので、貧血の方はなりやすいそうです。

食べ物で防ぐには普段から鉄分の多い食品をとるのが良く、かつおやマグロ、赤みの牛肉やほうれん草、
アサリなどを積極的にとると効果的だそうです。

JUGEMテーマ:健康


buhibuhisan * 肌の乾燥におすすめ * 23:10 * - * - * pookmark
このページの先頭へ