抜け毛に良い食べ物!

JUGEMテーマ:ビューティ

抜け毛と食べ物は、深く関係していると思います。抜け毛に良い食べ物とはどのようなものでしょうか。
反対に抜け毛の原因となる食べ物は何でしょうか。

前回、40代の男性に薄毛に悩む人が多いと書きましたが抜け毛が多いから薄毛になるわけで、このあたりを何とかしなくてはいけませんよね。

抜け毛と食べ物と言うと一番が動物性脂肪のとりすぎでしょう。
動物性脂肪を取りすぎると皮脂の分泌も多くなるといわれ頭皮の脂も多くなります。

男性の場合、外食やお酒を飲む機会が多いと思います。外での食事、動物性脂肪の多いものではありませんか?
お酒を飲んでつまみにする食べ物、脂っこくありませんか?

最近は、女性でも薄毛や抜け毛に悩む人が増えていて、これも男性に生活様式が似てきているからですね。
女性の社会進出が外食やお酒の機会を増やすので薄毛や抜け毛と関係があるといわれています。

では、抜け毛に良い食べ物!とはどんな物でしょう。

健康な髪の毛を生やすために必要な栄養素を考えれば良いと思います。
髪の毛ができるために必要な栄養を取れる食べ物が抜け毛に良い食べ物と言えるでしょう。

髪の毛の成分は、多くがたんぱく質からできています。

ここから考えて、たんぱく質を多くとるのが抜け毛に良いといえますね。
ただし、注意するのは動物性たんぱく質を取ろうとすると脂も一緒にとりやすいということです。

そう考えた場合、植物性淡白質が豊富な大豆製品が抜け毛予防に望ましい食品といえるでしょう。
もちろん、肉類も動物性脂肪も人の体には必要なものですから、適宜摂取する必要はあります。

要は、バランスの問題なのですね。
脂っこいものは控えめにして、良質なたんぱく質をとることが抜け毛を予防することになるのですね。


関連記事
薄毛や抜け毛に悩む40代の男性や女性が!
buhibuhisan * 薄毛 * 13:51 * - * - * pookmark

薄毛の原因と40代の男性の生活習慣

JUGEMテーマ:ビューティ

薄毛の原因を40代の男性を想定してで考えてみました。
気になりだすのがやはり40代にはいってから、しかも圧倒的に男性に多いのが現状でしょう。

薄毛が男性に多いのは、加齢によるものは仕方ないとしてストレスや生活習慣に問題が多いと思います。
この年代になると仕事に責任を持つのはもちろんのこと部下の仕事の責任も持たねばなりませんね。

いわゆる管理職、上からは業績アップを命令され下からは不満や不平に部下の不始末などあれば他人事では
済まされない立場でしょう。

ストレスは、血管を収縮させ血流を悪くさせるので、40代の男性の薄毛の原因にひとつに数えられるでしょう。
これでは髪の毛を生やすのに必要な栄養も十分に行き渡らなくなります。

さらにタバコや睡眠不足や食事の偏りが加われば薄頭が薄くなるのも納得できます。

男性では40代くらいから抜け毛が気になりはじめ、頭皮が脂性でシャンプーをしないで寝ると翌日は、頭がべたつくなど心当たりはないでしょうか。

頭皮の脂は、多すぎると薄毛の原因にもなり男性の多くは乾燥肌よりも脂性肌ではないでしょうか。

そうなると頭皮の脂で余計に髪の毛にボリュームが出なくなり、見た目の薄毛の原因にもなるので悩みますね。
生活を変えたり仕事のストレスを簡単に減らすことは難しいですが、気は持ちようであせらずに改善していくのが良い方法と思います。

改善することがストレスとなっては元も子もありませんからね。食べ物も大きく影響すると思います。

独身の男性だと食べ物にも原因があると思います。
どうしても外食が多くなり、一緒にお酒を飲めば脂っこいものがほしくなる・・・

気になるひとは、食生活を見直すことも重要です。

関連記事
ポリピュアEXの評価|薄毛や抜け毛に悩む40代の男性や女性が!
buhibuhisan * 薄毛 * 12:48 * - * - * pookmark

頭皮ケア 薬用シャンプー

最近、抜け毛が気になり始めたらまずシャンプーを変えて見ましょう。

薄毛でお悩みの方へも、頭皮ケア薬用シャンプーをおすすめします。
頭皮環境の改善で育毛効果が期待できるからです。

ハゲや薄毛の原因は、「男性ホルモンの過多」「血行不良による栄養不足」です。
抗男性ホルモン作用による抜け毛の防止。

血行促進による発毛効果。
これらは多くの育毛剤でいわれているためご存知の方も多いでしょう。
しかしその方法、頭皮ケアがとても重要なのです。

髪は、ヘアーサイクルと呼ばれる成長周期によって抜ける時期、成長する時期を繰り返しています。

毛が薄くなったと感じる場合のほとんどは、毛の量が減っているというよりも、毛の成長が落ちている状態なのです。

抜けてハゲてしまったように見える場合でも、ほとんどは産毛が生えており、その成長が止まっているだけなのです。

毛が生え伸びる時期は、成長期とよばれる期間であり、この期間が短くなることが、薄毛へとつながっています。

そして、休止期が長期化することで、ハゲの悩みになるのです。
つまり、髪を生やすためには、ヘアーサイクルを活性化することが必携です。

休止期から成長期への移行をスムーズにすること。
成長期を延長し、髪の伸長を促進することが大切なのです。

そのためには頭皮環境を良好に保つ頭皮ケアが必要です。

頭皮ケア専用の薬用シャンプーで頭皮をマッサージするように2度洗い、シャンプーが残らないようにしっかりと濯ぎます。

乾いたタオルで水分を拭き取ったら、良質の育毛剤を手に取り、気になるところに重点的に塗布しマッサージするだけ。

どんなに優れた育毛剤でもそれを受け入れる頭皮の環境が悪くては効果は期待できません。
いくら良い肥料を与えても土が悪くては良い作物は出来ないのと同じです。

養毛や育毛に必要な事は、高額な治療でも、危険な薬品の投与でもなく、頭皮の健康を維持する頭皮ケアを
適切に行うこととおもいます。
buhibuhisan * 薄毛 * 10:24 * - * trackbacks(1) * pookmark
このページの先頭へ